立ち止まり見渡せば…

アクセスカウンタ

zoom RSS 地元の海自基地開隊55周年祭

<<   作成日時 : 2013/10/01 13:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

行ってきました今年も。
ので、少しばかり写真をアップ。

画像

いつ見てもこの飛行機は迫力あります、US-2。

画像

イベント中にも民間航空機の離発着、官民共用ならでは。

午後のメインの展示飛行までにシミュレーター体験でも、と受け付けに行ったら午後は取りやめになったというお達しにガックリ。

かわりに空間識失調訓練に使ってる簡易な装置で体験飛行させてもらえました(簡易とはいえラダーもスロットルも付いてる。

計器の見辛さ以外は割と普通に飛べる感じ、そこはやはり簡易装置ということかな。

画像

今年も陸自の戦闘ヘリがきてくれて軽快な機動展示を披露してくれてました。

とはいえシミュレーターから出てきたら既に飛んでたので慌てて撮ったら暗い…。
何事も慌てちゃいけませんやな。

画像

ひらたいきたい(の手ブレ画像…。

画像

そしてメインイベント(と自分は思ってる)のエアロバティックス、ウィスキーパパ。

画像

ハンマーヘッドなど華麗に繰り出しつつ。

画像

失速しつつも
ああ、大事な所でいつものピンボケ…。

画像

自由自在に空を舞っておりました、素晴らしかったです。

少し風が強い時もあり苦しそうな場面もありましたが
そんな中でも開隊55周年を記念してスモークで"55"と書いてくれたりして、会場は拍手喝采でした。
結局その瞬間は見入っていて撮ってないけれど。

画像

また来年も見られるといいな。
ちなみにblogもされているようです、勝手にリンク、貼らせて頂きます。
「パパ、ちょっと空のお仕事だから」

画像

そうこうしているうちに、皆さん帰投支度。

画像

US-2も滑走路へと。

画像

P-3Cもターボプロップ音を轟かせ。

画像

威風堂々、といった感じ。
これが水から離れる所を直に見てみたいもんです。

この後STOL性能を披露、おおよそ2~300m程度でふわりと離陸、ゆっくりとした速度で高度を上げつつギアアップ。

画像

旋回して滑走路上空を通過しながら飛び去りました。
去年は来てなかったから、もしかしたら来年は来ないかもしれないな。

画像

そしてUS-2に比して圧倒的に長い滑走距離をこれまた見せつけつつP-3Cも離陸、少しきつめの角度で上昇しつつ。

画像


今年は去年と違い秋晴れの快晴で飛行機見るには最高の一日でしたが、個人的に少し残念だったのは自衛隊機の展示飛行が少々寂しかった事。

一昨年か昨年は練習機とはいえ単発機の編隊飛行やUS-2の飛行などがあったような気がするんですが…まぁ色々事情はあるんでしょう。

もしかすると編隊飛行があった年の方が特別だったのかもしれないけれど。


それとUS-2もP-3Cも前輪の片側タイヤ(2輪付いてる)の溝が無くなるまで使っていた事も少し気になった。
画像

画像

すぐにどうこう、という程ではないかもしれないけれど、離着陸時に少なからず負担の掛かる部分だけに安全の為には交換したいはずですが、隊員さんに話を聞くと「なかなか予算が出ない」という事らしい…。
現場の苦しい台所事情が垣間見えたような気もします。

でもリトレッドってそんなに高いんでしょうかねぇ。
さすがに主輪は溝有りでしたが。


以上、来年は展示飛行と外来機が増えてくれる事を願いつつ。
あ、それと自前のカメラ用LVFを手に入れないと…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
地元の海自基地開隊55周年祭 立ち止まり見渡せば…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる